投稿日:2021年9月16日

放置するとどうなる?ALCパネルの劣化と修繕について

こんにちは!
埼玉県川口市をはじめとし、県内全域および東京都、関東近郊にてALC施工・ECP施工を主に手掛けております、FK合同会社です。
地域の発展に寄与していくことを使命とし、ビルやマンション、ショッピングモールなど、さまざまな建物を対象に工事を承っております。
耐久性に優れていて50年程度は長持ちする、と評価が高いALCパネルの施工ですが、50年間ずっと放置していても問題ないかというと、残念ながらそうとも言い切れません。
今回はALCパネルの劣化と修繕について簡単にご紹介いたします。
施工をご検討中の方はぜひ参考にご覧ください!

ALCパネルが劣化するとどうなる?

ALCパネルの劣化原因として主に重要なポイントが、防水対策についてです。
ALCパネルは耐熱性や耐震性などメリットがたくさんありますが、唯一水に弱いのが欠点です。
そのため防水対策をしっかりと行わないと、浸水してしまうことで建物を腐らせたり、ひび割れ・剥がれなどを起こしやすくなります。

ALCパネルの修繕について

ではそんなALCパネルのトラブルを防いで、50年以上長持ちさせるためにはどのようにすれば良いのでしょうか?
まずは定期的なメンテナンスが必要で、期間は大体10年ごとに行うと良いとされています。
ALCパネルの修繕ではひび割れなどを補修していくのですが、パネルそのものだけでなくパネルとパネルのつなぎ目、コーキング部分にも注意が必要です。
コーキングがひび割れているとその隙間から水が入ってしまいます。
10年経過していなくてもコーキングの劣化が激しいなと感じた場合は、早めに業者に確認してもらうと良いですよ。

関東のALC・ECP施工はFK合同会社まで!

ALCパネルの劣化と修繕について簡単にご紹介いたしましたが、今後の参考にはなりそうでしょうか。
関東近郊でALC・ECP施工の依頼先をもしお探しでしたら、実績の豊富なFK合同会社まで、ぜひご相談いただけませんか?
マンションやオフィスビル、倉庫や商業施設など、どのような建物の施工でも迅速かつ高品質な施工をお届けいたします!
まずは費用について聞きたい、ALC施工とECP施工の違いが知りたいといったお問い合わせだけでも大歓迎ですので、お気軽にご連絡くださいね。
皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。
それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

川口市などのECP施工やALC施工はFK合同会社
〒340-0202 埼玉県久喜市東大輪2104番地15号
TEL / FAX:0480-44-9568

この記事を書いた人FK合同会社

カテゴリー

関連記事

冬ですねー

冬ですねー

今年もあとわずかです。 仕事に遊びにどんどん頑張っていきますよよー Newロッド到着です。 自分で自 …

住まいに関するお悩み事は、弊社におまかせください!

住まいに関するお悩み事は、弊社におまかせ…

はじめまして!FK合同会社です。 弊社では、埼玉県久喜市を拠点に、ALC施工やECP施工を承っており …

コロナ不況

コロナ不況

久しぶりに放置気味でしたが投稿します。 代表社員の藤井です。 建築業界も先が心配な状況です。 コロナ …

求職者のみなさまへ 採用情報