投稿日:2021年3月2日

ALCパネルの劣化を放っておくと怖い二次災害

こんにちは!埼玉県川口市を含む関東近郊や東京などで、ALC施工、ECP施工などの建築工事を行っているFK合同会社です。
弊社は、ALCパネル施工・ECP施工のスペシャリストとして、高品質な施工をご提供しております。
ALCパネルは一般住宅をはじめ、マンションやショッピングモールなど、さまざまな場所で使用されています。
皆さまは、ALCパネルが劣化することをご存じでしょうか。
今回は、ALCパネルの劣化による二次災害についてご紹介します。

ALCパネルは劣化する

ALCパネルは断熱性が高く、耐火性や遮音性にも優れています。
さらにコンクリートに比べて軽量といった利点がとても多い素材です。
ですがALCパネルは吸水性の高い素材なので、天候の変化に弱いのです。
雨や湿度で内部の気泡部分に水が入り込んでしまうと、ひび割れや膨張といった症状が出てきます。
ALCパネルの耐久性を活かすためには、塗装して防水性を高める必要があります。

劣化の症状

ALCパネルが劣化してしまうと、どのような症状が起るのでしょうか。
上記でご紹介したひび割れ、膨張のほかにも被害が発生します。
例えば紫外線により塗装の塗膜が劣化してしまい、色あせや変色が起ります。
塗膜が紫外線と雨で分解されてしまい、外壁を触った際に手に白い粉が付くチョーキング現象や、太陽の当たらない場所ではカビやコケが発生します。
これらの現象はパネルの劣化を一気に進めてしまうのです。
ほかにもシーリング材が劣化し、肉やせやひび割れを起こしてしまいます。

損なわれるのは見た目だけではない

ALCパネルの劣化は、建物を古く見せてしまいます。
ですが、それだけではないのです。
ALCパネルの劣化が進むと防水性がなくなり、建物内に水が浸入してきます。
そうなると建物の柱や壁を腐食します。
建物の内部が腐食してしまうと、建物自体の寿命を縮めてしまうのです。
それを防ぐためには、定期的なメンテンナンスが重要です。
メンテナンスを行うことで、ALCパネルの耐久性が活かされ、建物の寿命を延ばすことにつながります。

FKへご相談ください!

弊社では、ALCパネル施工やECP施工を行っており、数多くの実績を持つスタッフが、費用相談から施工完了まで完全サポートいたします。
お問い合わせは、お電話か弊社HPのメールフォームで受け付けております。
ALCパネル施工・ECP施工でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください!
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

川口市などのECP施工やALC施工はFK合同会社
〒340-0202 埼玉県久喜市東大輪2104番地15号
TEL / FAX:0480-44-9568

この記事を書いた人FK合同会社

カテゴリー

関連記事

謹賀新年

謹賀新年

こんにちは!FK合同会社です。 弊社は、埼玉県久喜市を拠点に活動している、軽量気泡コンクリート(AL …

FK合同会社の業務をご紹介!

FK合同会社の業務をご紹介!

こんにちは!FK合同会社です。 弊社では、埼玉県久喜市を拠点に、ALC施工やECP施工を承っておりま …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

FK合同会社では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサービ …

求職者のみなさまへ 採用情報