業務案内

FK合同会社は、軽量気泡コンクリート(ALC)パネル・押出成形セメント板(ECP)施工に特化したスペシャリスト集団として、埼玉県久喜市を拠点に、東京都・埼玉県及び関東近郊において施工を行なっています。

ビル・マンション・ショッピングモール・店舗・倉庫など、建物の規模の大小を問わずに施工いたします。

建物の建築に欠かせない、ALCパネル・ECPパネル施工は経験・実績ともに豊富な弊社にお任せください。お客様に笑顔とご満足をお届けいたします。

ALCパネル施工

ALCパネルとは?

ALC(Autoclaved-Lightweight-Concrete:高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート)と呼ばれる材料を板状に成形したものです。

ALCパネルに用いられている原料は?

珪石(けいせき)・セメント・生石灰、および、発泡剤のアルミ粉末で出来ています。

ALCパネルの品質は?

厳しい品質管理の元で生産されているので、品質・精度が高いです。

ALCパネルの特徴は?

多孔質・軽量・無機質なのが特徴です。この他に断熱性が高く、耐火性や遮音性にも優れていて、調湿効果もあります。パネルは工場生産なので品質に優れており、製品のばらつきがありません。

ALCパネルの種類は?

製品は幅600mmが標準で、厚形パネルと呼ばれる厚さ75mm以上のパネルと、薄型パネルと呼ばれる厚さ35mm以上、75mm未満のパネルに区別されます。

それぞれに平パネルと意匠パネル(表面にデザイン加工)があります。

ALCパネルの用途は?

厚形パネル・・・鉄骨造のマンション・オフィスビル・ショッピングモール・工場等で使われています。

薄形パネル・・・鉄骨や木造の一般住宅、低層建築物等で使われています。

このようなALCパネルの特徴を知り尽くした上で、目的や用途に合わせた施工を行なっています。

ECP施工

ECPとは?

ECP(Extruded Cement Panel:押出成形セメント板) は、セメント系の材料を中空がある板状に押し出して成型します。

押出成形セメント板の材料は?

セメント・けい酸質原料・繊維質原料が使われています。

押出成形セメント板の特徴は?

耐火性能に優れているのが特徴です。主原料が無機質なので、不燃材料としての厳格な法基準をクリアしています。

耐震性にも優れています。素材自体の強度が高く、中空構造で軽量なので耐震性が高まっています。

また意匠面で自由度が高く、バラエティが豊かです。工場生産のため、品質に優れていて製品のばらつきがありません。

押出成形セメント板の用途は?

外壁・間仕切り・遮音壁・ルーバー等に使われています。

ECPにつきましても、ALCパネル同様、目的や用途に合わせた施工を行なっています。

求職者のみなさまへ 採用情報